医療・介護に関するニュースを配信

  • 掲載記事数: 86982件

最新の主要記事

スクリーンショット

メディネット、自家培養軟骨の共同事業会社を設立

株式会社メディネットは、パーパス株式会社(静岡県富士市、代表取締役社長 高木裕三、以下「パーパス」)および株式会社ムトウ(北海道札幌市、代表取締役社長 田尾延幸、以下「ムトウ」)と、自家培養軟骨「NeoCart」の事業化を目的とする共同事業会社「パーパスバイオメディカル株式会社」を設立した。 日本の再生・細胞医療に関わる新法制度の成立が見込まれる中、新会社「パーパスバイオメディカル株式会社」では、今後成長…
この記事の続きを読む
スクリーンショット

味の素社独自配合素材「Amino L40」研究成果、ロコモ予防へ応用が期待

味の素株式会社(社長:伊藤雅俊 本社:東京都中央区)は、独自配合のアミノ酸素材である、ロイシン高配合必須アミノ酸混合物「Amino L40」(アミノエル40)が、高齢女性において3gの摂取で、食品タンパク質として筋肉(筋タンパク質)合成作用が強いことが知られているホエイタンパク質20g(※1)の摂取時と同等の高い筋タンパク質合成を促進することを、イギリス・ノッティンガム大学との共同研究により明らかにした。 こ…
この記事の続きを読む
スクリーンショット

旭化成ファーマ、「医薬研究センター 創薬棟」の運用を開始

旭化成ファーマ株式会社(本社:東京都千代田区 社長:浅野 敏雄)は、大仁地区(静岡県伊豆の国市)内に建設を進めてきた、創薬研究のための「医薬研究センター 創薬棟」が竣工し、10月25日より運用を開始した。 今回竣工した創薬棟では、最新の実験機器や実験設備を整えることで創薬研究開発機能を強化し、グローバルに競争力のある研究環境が整備された。 また、競争優位性のある研究開発を進めていくため、これまで…
この記事の続きを読む
その他の最新情報

なぜ、家族は介護認定調査で病状を軽く申告してしまうのか – PRESIDENT Online

なぜ、家族は介護認定調査で病状を軽く申告してしまうのか – PRESIDENT Online
現在の父の症状を聞き、意志の疎通ができるかなどをチェックした後、なんと父をベッドから立ち上がらせようとしました。これまでの寝たきりの状況...
この記事の続きをよむ

医師「ファルカオはW杯出場」 サッカーコロンビア代表 – asahi.com

医師「ファルカオはW杯出場」 サッカーコロンビア代表 – asahi.com
サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会1次リーグC組で、日本と対戦するコロンビア代表FWのファルカオについて、1月に同選手の左ひざの...
この記事の続きをよむ

カタール、阪大の再生医療に資金 技術導入進める – 日本経済新聞

カタール、阪大の再生医療に資金 技術導入進める – 日本経済新聞
中東の産油国カタールは大阪大学と再生医療で共同研究に乗り出す。主にカタール側が資金を提供、阪大の技術革新を支援する。京都大学iPS...
この記事の続きをよむ

【トラトラ株】医療参入本格化「メディビックグループ」 ロート製薬を引き受け先に新株式発行発表 – ZAKZAK

【トラトラ株】医療参入本格化「メディビックグループ」 ロート製薬を引き受け先に新株式発行発表 – ZAKZAK
同社グループは、昨年9月に株式会社アニマルステムセルを完全子会社化することにより、再生医療市場に参入した。 アニマルステムセルが開発し...
この記事の続きをよむ

情報編 「辞めずに休業」制度を知ろう – 朝日新聞

情報編 「辞めずに休業」制度を知ろう – 朝日新聞
その後、介護休業をとった。いったん退院した母を自宅で介護。再入院したが、病状が落ち着いたため、約1年後の昨年7月、職場に復帰した。大井さん...
この記事の続きをよむ

混合診療、厚労相が範囲拡大方針…医師会は反発 – 読売新聞

混合診療、厚労相が範囲拡大方針…医師会は反発 – 読売新聞
これに対し日本医師会は、「患者が安全性や有効性のない治療法を選択させられる恐れがある」(横倉義武会長)と混合診療拡充に反発しており、政府との調整が残っている。 政府の規制改革会議は、患者が選んだ...
この記事の続きをよむ

ダウン症児の出生、15年で倍増 330病院調査から推計 高齢妊娠増が背景に – asahi.com

ダウン症児の出生、15年で倍増 330病院調査から推計 高齢妊娠増が背景に – asahi.com
ダウン症で生まれる赤ちゃんの数が過去15年間で約2倍に増えているとする推計が、日本産婦人科医会の全国調査の分析をもとにまとまった。高齢...
この記事の続きをよむ

混合診療の拡大案 日本の医療の針路を見失うな – 愛媛新聞

混合診療の拡大案 日本の医療の針路を見失うな – 愛媛新聞
医療の進歩に保険収載や薬事承認が追いつかず、「ドラッグ・ラグ(有用な薬の承認遅れ)」は切実。だが、その解消策としては「保険外のやみくもな拡大」ではなく、「保険適用の拡大、迅速化」が望ましい。患者の安全を最優先し、誰もが保険診療の範囲内で必要な、最善の治療を ...47N...
この記事の続きをよむ

県内初の独立型緩和ケア病棟完成 – 山陽新聞

県内初の独立型緩和ケア病棟完成 – 山陽新聞
岡山赤十字病院(岡山市北区青江)にがん患者らを対象にした独立型の緩和ケア病棟が完成した。岡山県保健福祉部などによると、一般病棟とは別棟の緩和ケア病床を設けるのは県内初。5月1日から運用す...
この記事の続きをよむ

男性未婚者の増加で親の面倒みる「息子介護」は推計44万人に – NEWSポストセブン

男性未婚者の増加で親の面倒みる「息子介護」は推計44万人に – NEWSポストセブン
2035年、日本の人口の3人に1人は65歳以上の高齢者という時代がやってくる。老人が老人を介護する“老老介護”はすでに社会問題となっているが、今後、増加が予想されるのが“息子介護”のケースだ。 これ...
この記事の続きをよむ
Twitterでも配信中です。

メルマガ登録

スポーツひのまるキッズ